従業員数が少なく、その地域で有名な建設会社ならコスパがいいかも?

あなたはどちらの自由を選びますか?

間取りや仕様に制限があり、住宅業者にメリットの大きい自由設計ですか?

それとも、同じような価格なら、ご家族の夢や希望が叶うフルオーダーメイドで完全自由の注文住宅ですか?

やっぱり、デザインや間取り、仕様が自由な注文住宅ですよね。

Image by Paul Brennan from Pixabay

自由設計とは注文住宅のこと。多くの方が勘違いされトラブルが絶えません。制限のある設計を自由とは言わない。もし、ほんとうに良心的な会社なら、買主が思い違いをしないよう制約付き自由設計と広告に表示すると思います。

でも、圧倒的に、間取り制約付き自由設計や、仕様制約付き自由設計、打ち合わせ回数制約付き自由設計、着工日時制約付き自由設計など、「当たり前のように制約のある自由設計を購入する方が多い」ので業者は儲かります。

衝撃的なことをお伝えします。「人が感動するような新築」「住宅雑誌で見た理想の新築」「心配性だから耐震に優れた頑丈な新築」・・・。制約付き自由設計では叶いません?

実は、自分たちの求めている建物が何か、ほとんどの方が分かっていません。注文住宅の場合は設計の段階で、建築士が理想を引き出したり、提案したりして初めて気づかれることが多いものです。そして、この段階になってお客さまが興味を持ち、住宅雑誌を大量にお読みになったりして、お客さまから提案されるようになります。

このような状況です。打ち合わせ回数制約付き自由設計では、お客さまが理想を追求される前に、「はい。打ち合わせ終了」、となることも多いでしょう。もう一度考えてください。間取りや仕様が制限されていて、「人や自分が感激するような戸建住宅を手に入れられますか?」

住宅業者の本音――完成までどうしても時間のかかる「注文住宅はやりたくない」のです。だから、営業担当者は、制約付きだということをお客さまに知らせず、「自由設計ですから何でもできますよ。とりあえず契約してからゆっくり打ち合わせしましょ」という誤った方向に導きがちになるのです。

結論は注文住宅

それでは、なぜ、多くの住宅業者が、建物を注文建築にできないのでしょうか?

Image by Esi Grünhagen from Pixabay

そのわけは、高額な新築物件になってしまうと売れないからです。土地と建物がセット価格の場合、仮に、土地を切り売りすると、土地と建物の値段をハッキリと購入者に伝えなくてはなりません。土地に利益を乗せにくくなります。そうなると・・・、建物だけでは、過剰な経費と、もうけを乗せづらい。

「もうからないから、注文住宅を販売できない!」のです。

ふつう、価格にはさまざまな売主都合の経費が含まれます。「あなたを獲得する広告や展示場などの宣伝費用」「あなたを説得するための人件費、間接業務の人件費」「役員や社外取締役への報酬」「株主への配当費用」・・・。

日本の戸建住宅やリフォーム費用は、先進国で最低のコストパフォーマンス。日本の住宅購入者はお人よしかもしれません。「新築価格には、いろんな人の費用(稼ぎ)が含まれていることを知っているのに。

生涯に一、二度の住宅購入です。業者との情報格差が最大の失敗要因。

たとえば、長期優良住宅をすすめる住宅業者は、メリットだけを強調します。しかし、欠陥もある制度だということを知らなければならない。もし、コスパの劣る業者に新築を依頼すると、将来のリフォームも、割高な工事費用を請求されることを覚悟する必要があります。

組織改革を怠っている住宅業者に、住宅購入者が過剰経費を支払う必要はないと思いますう。ぜひ、全国各地で、コストパフォーマンスに優れた工務店や住宅業者を探されて、一度でも相談されることをおすすめいたします。

将来の日本を憂い(心配・気づかい)、地域の社会や暮らしを良くしようと努力している住宅業者に注目しましょう。